ウーマン

肌の再生力を高めてくれる施術方法|美白効果で透き通るお肌をゲット

アンチエイジングのために

女性

肌表面を除去

アンチエイジングが流行している現在では、多くの人が美白ケアに力を入れるようになっています。なぜなら肌のシミやくすみは、年をとるほどできやすくなるからです。逆に言えば、シミやくすみのない白い肌をしていれば、若々しく見えるということです。そのため多くの人が、肌を白くするために、美白ケアをおこなっているわけです。ところが、いくら美白ケアをおこなっても、なかなか肌が白くならないという人もいます。そのような人から高い需要があるのが、美容外科でのケミカルピーリングやレーザー治療です。ケミカルピーリングとは、肌表面を溶かしながら剥がすという治療です。シミやくすみは、肌表面にメラニン色素が沈着することでできるので、肌表面を剥がせば、メラニン色素と一緒にシミとくすみも消えていくことになるのです。そしてレーザー治療では、レーザーの熱で肌表面が焦がされます。焦げれば肌は、かさぶたと同じように自然に剥がれますし、その下からはメラニン色素の沈着していない新しい肌があらわれるのです。さらにこれらの治療では、小じわも除去されます。小じわもまた、肌表面にできるものだからです。つまり二重のアンチエイジング効果を得ることができるということですから、美容外科でのこれらの治療には高い需要があります。

治療後の肌はデリケート

ケミカルピーリングやレーザー治療により、肌は透明感のある白い状態になります。しかし、その美白効果を維持するためには、治療後の肌を紫外線や刺激から守る必要があります。なぜなら、肌表面がなくなることで出てきた新しい肌は、非常にデリケートな状態だからです。まるで赤ちゃんの肌のように薄く柔らかいのです。その分バリア機能も低めなので、紫外線を浴びたり摩擦による刺激を与えたりしていると、すぐにメラニン色素が沈着してしまいます。つまりケミカルピーリングやレーザー治療後の肌には、シミやくすみができやすいということです。そのため治療後には、美白ケアをすることが大事です。具体的には、紫外線カット効果のあるクリームを塗ったり、メラニン色素の生成を防ぐローションを塗ったりするのです。それを続けていれば、シミもくすみもできにくくなりますし、やがて肌はバリア機能が十分に備わった状態に成長します。また美容外科の中には、治療後に美白効果のある軟膏を処方するところもあります。治療のアフターケアに適したドクターズコスメを販売している美容外科もあります。こういったものを活用することで、治療後の肌の白さは一層守られやすくなります。

Copyright© 2016 肌の再生力を高めてくれる施術方法|美白効果で透き通るお肌をゲット All Rights Reserved.